カテゴリー別アーカイブ: コラム

一般人が知らない有機野菜や無農薬野菜が高い理由

一般の方は、有機野菜や無農薬野菜の価格が高い理由として、栽培に手間がかかったり、特別な技術が必要だからと思っています。

これは、これで正解です。

ですが、実はこれに加えなければならない理由が存在します。

一言で言うと輸送コストです。

有機野菜や無農薬野菜は、まだまだ生産量は、野菜全体に比べれば微々たるモノです。

そして、通常の野菜の販売ルートに乗せた場合、他の普通に栽培された野菜と同じ扱いを効率の名の下に扱われてしまいます。

もちろん、生産者も苦労して高い技術を用いて生産したのですから、それはできません。

なので、通常のルートとは別ルートで販売する事になります。

通常の販売ルートと言うと、

生産者→農協→青果市場→仲卸→スーパー→消費者となります。

この場合は、大量輸送によって、輸送コストは格段に下がります。

一般の方は、宅配便などが馴染みが深いと思いますが、この野菜の通常ルートでは、農協から青果市場という一番の長距離区間(例えば、長野県の産地から東京都内の青果市場など)がトラックを満載にした状態で行われます。

ですが、有機野菜は、トラックを満載にするほどの量がありません。

また、小さなトラックを満載にできたとしても、逆に一つの青果市場では、販売量に対して多すぎてしまいます。

なので、宅配便などを利用している事が多いのです。

個別配送用の宅配便とトラック貸し切りでは、効率を考えた場合に料金が大きく変わってきてしまうのです。

では、通常の野菜を積んだトラックのスミにでも載せてもらえば良いのではと考えるかもしれませんが、実は、難しいのです。

すべての農協がそうだとは言いませんが、運送会社にとってのお得意様である農協が自分たちの利益にならない農産物を運ぶことを許さないのです。

これは、実際にある話です。

私は、以前、農業生産法人で働いていましたが、当事者になった事もあります。

なので、農協に売上を頼っていない宅配業者を利用するしかないのです。

この状況を打開するには、有機野菜や無農薬野菜の普及が進むしかありません。

消費者に積極的に有機野菜や無農薬野菜を消費してもらうことによって、生産者ももっと有機野菜や無農薬野菜を生産しようという事になります。

生産量が増えれば、もっと効率の良い輸送が可能になります。

そうすれば、輸送コストが下がり、結果的に有機野菜や無農薬野菜の価格は下がるはずです。

みなさん、少しづつで良いので、有機野菜や無農薬野菜を食べて下さい。

みなさんの協力によって、普及が進みます。